Welcome to my homepage

キャリアアップの手段として公認会計士が注目されています。
それは活躍出来る場が幅広いからです。
試験に合格をすると約9割が監査法人に勤めるというデータがありますが、あくまでもそれは初めての職場です。
監査法人勤務後は会計知識を生かして大手上場企業の経理や財務業務に就いたりベンチャー企業の上場サポートをしたりします。また、企業のM&Aなどの会計コンサルティングを監査の経験を活かして行なったり企業の国際税務サポートなどを行なっています。

このように幅広いキャリアアップが見込める公認会計士ですが、働きながら合格を目指すためには相当の努力が必要となります。
仕事をしている社会人は忙しいため、通学スタイルの専門学校では時間が合わずに結局辞めてしまったり十分に勉強出来なかったりと問題が多いのです。
そのため、どのような状況でも勉強が出来る環境づくりが大切だと言われています。

CPAは講義動画やWEBテキスト教材、音声ダウンロードなどのデジタル教材が無料で標準装備されています。
そのため、通勤や休み時間などの隙間時間に勉強をすることが出来るのです。また、対面での質問やフリーダイヤルでの電話相談も可能であるため「一人ではない」と安心することが出来ます。
公認会計士のであれば、モチベーションを高く保つための環境づくりを大切にしている専門学校を選ぶことで合格を掴む可能性が高まります。