Welcome to my homepage

暗号通貨という言葉が日本語訳として使われることが多いため、ビットコインは通貨であり、お金であると思っている人が少なくないのではないでしょうか。
取引所が破たんしたというニュースも大きく取りあげられたことから、持っていたお金を失うことになった人が続出したといったイメージになり、どちらかというと日本国内でその存在が広まる前にネガティブな印象が出来上がってしまったと言えます。
けれども、実際にはビットコインは通貨ではなくお金の決済方法のことで、電子マネーを使った決済システムのようなものと考える必要があります。
コインという呼び名が付いていることから余計にややこしさを増幅していますが、リアルなお金として流通している訳ではなく、必要な決済額を誰が誰に支払ったかというデータの記録で動いています。
そうした仕組みを知ると、暗号通貨という訳語の意味にも納得がいくのではないでしょうか。
電子マネーも専用カードに残高が記録され、それがどこかで使われて、結果、残高が減ったというお知らせが来るはずです。
それと同じものだと考えれば、ビットコインだけに過剰な危険性があるという意識は後退するでしょう。
それが世界規模になるために理解するのが複雑になりますが、単純に考えるとすでに生活の中で利用しているものの延長線上にあるということに気づきます。

クリックして別ページへ